漢方スタイルクラブカード を使った、税金支払い nanaco ポイント取りができなくなりそう!?



漢方スタイルクラブカードは、セブンイレブン利用で有名な


nanaco (SUICA・Edy などと同様の電子マネーです!)への


チャージポイントが貯まるということで


節約・節税の対策として知っている方は


所得税・住民税などの税金支払いをセブンイレブンで行って


nanaco 支払いにすることで、税金なのにポイントが貯めれるという


これぞ 知っている人のみが得をする技をご紹介したことがあります。


私も、所得税・住民税が会社の給与引き落としになっていたのを


わざわざ 引き落としを止めてまで


セブンイレブン + nanaco支払 で、ポイントを貯めてきました。


ただ、今回 電子マネーの nanacoへクレジットカードチャージした時の


ポイントが、2,000円で 【7ポイント(1.75%還元)】から


2,000円で 【1ポイント(0.25%還元)】になってしまうとのこと…。(>_<)


漢方スタイルクラブカードを知らなかった方は


2,000円で 1ポイントなんて、大したことないじゃないかと思うかもしれませんが


日本国民、一般の年間給与平均が、400万円前後として


所得税・住民税が、およそ年間 30万円前後。。。


すると 今説明した方法で nanacoチャージでゲットできたポイントは


300,000 × 1.75% ⇒ 5250ポイント


そして、漢方スタイルクラブカードの 1ポイントは なんと5円ですから


年間 5250ポイント × 5円 ⇒ ★ 26,250円分のポイントゲット!! (*^^)v


それが、0.25%になってしまうなんて、あまりに酷すぎる…(>_<)


ポイント還元率が変更されるのは、2015年の6月1日からということですが


nanacoチャージ以外の場合には、 還元率 1.75%のままだってんだから


完全なる 税金対策つぶしのような感じがして仕方ないのですが


まあ 電子マネーチャージでは、大体のクレジットカードは


クレジットカードポイントが貯まらないってのが主流ですので


その中にあっては、良いのかもしれませんが


『 小さな節約、知識の無さで損をしない!』を目指して頑張ってる私としては


これは、何か新しいクレジットカードとか、節約方法を


見つけ出さなければいけないとは思いますが


以前、漢方スタイルクラブカードを見つけた時も、他には無かったんですよね…(+_+)



ただ、この方法を全く知らないで税金を払い続けている人と比較すれば


年間では、すごく大きな得ができているのですから


この漢方スタイルクラブカードに何か他の節約方法をプラスするか。。。


さきほど説明に上げました税金は、所得税・住民税だけでしたが


国民みんなが支払う必要のある、健康保険料と国民年金保険の金額も合わせて


さらに、自動車税とか固定資産税とかまで、全てをこの方法で払えば


年間 どのくらい得ができるか、皆さんの税金で考えてみて下さい。



漢方スタイルクラブカード意外の 良いクレジットカードを見つけましたら


また、その検討内容をアップしたいと思います! <(_ _)>





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック